子育て便利グッズを活用

家事で大変なのは食事作り。特に、ミルクだけだった赤ちゃんが成長し、離乳食の時期になるととても大変です。食材を柔らかく、噛みやすくして、薄味にするといった工夫が必要です。添加物をなるべく使わずに調理をします。食べさせる食材にも気をつけなくてはいけません。大人とは、別に作る必要があります。

離乳食作りをする中で、最も大変なのは食材を潰す作業です。人参やピーマンなど、食材を煮たりして柔らかくしてから、それを今度は潰してクリーム状にします。潰すのも、食材の芯が残らないように、口にいれた時に違和感がないように、とても気を使います。そんな時に、ハンドブレンダーのような簡単に食材を潰せるものは、重宝します。力もいらないので、簡単に使用できます。ちょっとした時間の無駄を省く事は、お母さんの体力維持にもつながり、育児中はとても大事な事です。

子育てで使える便利グッズを使って子育てを少しでも楽にしてみてるのはいかがでしょうか。子どもが鼻が詰まった時に使う鼻水吸引器。子どもが風邪を引いて鼻が詰まっている時、まだ小さい子どもは鼻をかむ事ができません。そのまま鼻水を放っておいたら、中耳炎になる事も。鼻水吸引器を使って子どもの鼻水をとる事によって、子どもも楽になり夜も寝やすくなります。これは子どもの病気を早く治すためにも、いざという時とても役に立ちます。育児中の便利グッズをどんどん活用し、たくさん子どもと接する時間を持ちましょう。