子育てを分担する

子育て中、特にまだ小さい乳幼児の子育てでは、子どもがいう事をなかなか聞かなかったり、危ないことを何度も繰り返したり、お母さんは気が休まる日はないといっても過言ではありません。日中でもそうやって、ほんのちょっとの気の緩みで子どもが怪我してしまわないように、常に子供にアンテナを張っていて大変なのに、子どもが病気になれば夜も眠れない日々が続きます。

しかし、毎日の洗濯・食事・掃除・子供の送り迎えなどエンドレスに続きます。お母さんの自分の時間は一体いつあるのでしょう。子どものために、家族のために、毎日必死に家事などをこなしているのに、疲れて子どもをいつもより強く叱ってしまったり、いらいらしたりして怒らなくてもいいのに怒ってしまって、後で自分を責めて影で泣いてしまったりなどといった経験をされているママさんたちも多いのではないでしょうか。「母は強し」といいますが、子育てには体力が必要なものです。

このため、家事や育児を分担することで解消することができます。子育てのストレスを母親だけに負わせてしまうことで負荷をかけてしまうよりも夫婦が協力することで子育てはスムーズになります。何でも孤独な作業は続かないように、子育ても1人ではやれません。「誰かと一緒に頑張る」。この点が大切です。たとえば、お父さんが子供をお風呂に入れている間にお母さんが食事の支度をするといった簡単ことからはじめてみてはいかがでしょうか?



■参考サイト
埼玉限定ですが、子育てに関する情報が掲載されています。現地取材しているため、信頼できそうです ⇒⇒⇒ 子育て 埼玉